どんと祭
私が現在住む仙台では毎年1月14日、地域に点在する神社のほとんどで《どんと祭(さい)》
なるものが行われる。

所謂、『お焚き上げ』である。

境内で巨大な焚き火が行われ、その周りに地元の人たちが思い思いに集い、それぞれに古くなった御札や御守り、年始のお飾りなどを火の中に納め、天に返す。

地元の神社
我が家では毎年、近所の小さな神社まで歩きどんと祭に行くのが習わしだ。
昨年の年始は喪中だったので、2年ぶりの参加である。

御札や御守りを買うついでにおみくじをひいたら、何十年ぶりかで大吉が出た。

大吉おみくじ
このところ何かと大変な日々が続いているので、今年は良い年になることを心から祈りたい。